学部・学科

学部・学科

大阪女学院短期大学

英語科

「英語力アップ」と「人としての成長」を実感する2年間

大阪女学院短期大学では、「考える力」と「英語力」の両方を無理なく伸ばすことができる仕組みを1987年度から学習課程全体に取り入れています。
例えば、英語を学ぶ際にも、現代社会が抱える環境問題や人権に関する事柄などを全学共通のテーマに設定。また、体験による気づきを糸口にした授業やリーダーシップトレーニングなどのアクティビティから、自分自身や他の人々と自分の関係について考える機会も重視しています。
これらの経験を通して、一人ひとりのこころの目線が定まり、「誠実に人や事柄と関わってゆく女性」という、それぞれ進路での卒業生の評価につながっています。

しっかりと問題や自分に向き合い得た、強い意志と意欲が将来を拓く原動力です。
短期大学

就職

OJCで身につけた、学び、調べ、考え、対話して、事を進めてゆく力が、企業から高く評価されています。

留学

OJCで身につけた英語運用力と考える力をステップに、卒業後、海外の大学に進み、学びを深めた先輩たちが数多くいます。社会経験を経てボストン大学に進み、ハーバード大学の大学院で博士の学位を得た加藤映子学長もその一人です。

編入学

編入学を志した多くの卒業生は、OJCで学ぶ中で自分と対話し編入学後にどのような領域を学びたいかを明らかにしたことで、編入学への動機づけ(モティベーション)が高まりました。
編入学試験に必要な英語運用力は普段の授業で身につきます。試験に必須の小論文の書き方などを学ぶ科目と丁寧な個別指導によって、一人ひとりを力強く応援しています。
1年次2年次
▲画像クリックで拡大します。

韓国語を併修する「トライリンガル」コース

English+1
韓国語が併修できるEnglish+1
一般的に4年間の学習が必要なTOPIK4級レベルを、2年間でめざせます。また、1年生の夏休み、希望者を対象に協定大学である梨花女子大学の語学堂(韓国の大学附属の韓国語学習機関)で学ぶ短期留学のプログラムを用意しています。3週間の現地での授業料を本学が負担することにより、経済的にも応援します。そして卒業までの2年間で、韓国語検定やハングル検定の中級レベル以上の取得をめざします。希望者が登録のうえ履修するコースです。
本学は、韓国との関係が深い大阪市内に位置することもあり、まだ、我が国のほとんどの大学が第二外国語として「韓国語」を開設していない時代から、カリキュラムに「韓国語」を取り入れてきました。卒業生の中には、意欲的に韓国語の学習に取り組んだ結果、短大卒業後、ソウル大学に留学して通訳として活躍している方もいます。東アジアの隣国として日本と韓国の関係は、経済面のみならず文化面においても深まっており、互いの言語や背景にある文化を理解してより良い関係を築いていくために貢献できる人がますます必要とされています。

「児童英語教育資格」取得コース

本学短期大学の卒業生には、高い英語運用力を活かして、英会話学校や塾、個人経営の英語教室等で小さな子どもたちに英語を教えている方がたくさんいます。そのような先輩に続き、いつか、子どもたちに英語を教えたいと考えている方を対象に、我が国で外部機関が広く展開している「児童英語教育資格」の取得を支援するコースを設けます。

1年次及び2年次春学期の学修にしっかりと取り組んだ後、TOEIC®500点あるいは英語検定準2級以上等を受講資格として2年次の秋学期に受講。支援するクラスを設けるとともに資格取得に必要な費用についても自己負担を軽減する支給奨学金を用意して応援します。本学短期大学で、従来から取得可能な「中学校教諭二種免許状(英語)」のような公的資格ではありませんが、新たなライセンスを得る道が増えました。