学費/奨学金制度

学費・奨学金

大学・短期大学

コロナ禍で頑張る受験生を応援します!

コロナ禍における経済支援

高等教育の修学支援新制度

大阪女学院大学・大阪女学院短期大学は、2020年4月からスタートした高等教育の修学支援新制度の対象機関となっています。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

※国の修学支援新制度(授業料減免・給付型奨学金)と大阪女学院独自の自宅通学圏外学生支援奨学金は併給できません。
※国の修学支援新制度給付型奨学金の採用候補者(予約採用)に決定された方には、入学手続納付時期の猶予を行っています。入学金および一期分学費を入学後(5~6月頃)に納付していただきます。

学費

大阪女学院大学

2023年度入学生 入学手続に必要な納付金
入学金授業料教育充実費合計
100,000円
485,000円
140,000円
725,000円
1月前半までに実施する
入試による入学者
また、本学の奨学金を受給することにより入学手続時の学費が減免される場合もあります。
支給条件等は奨学金制度欄をご覧ください。
2023年度入学生 学費等納付金
入学金 ※1授業料教育充実費諸費 ※2
入学手続時
100,000円
485,000円
140,000円
1年次一期
6,000円
二期
485,000円
140,000円
2年次一期
485,000円
140,000円
二期
485,000円
140,000円
3年次一期
485,000円
140,000円
6,000円
二期
485,000円
140,000円
4年次一期
485,000円
140,000円
二期
485,000円
140,000円
10,000円
※1 1月前半までに実施するすべての入試による入学者は、入学金が免除されます。
また、本学の奨学金を受給することにより入学手続時の学費が減免される場合もありますので、 支給条件など、奨学金制度欄をご覧ください。

※2 諸費は、同窓会費(1万円)と学友会費(4年間で2回、計1万2千円)。
学費等納付金は一期「4月1日」と二期「10月1日」の分納となります。 (但し、1年次一期分は第二次入学手続時に納付)

大阪女学院短期大学

2023年度 入学手続に必要な納付金
入学金授業料教育充実費合計
100,000円
485,000円
140,000円
725,000円
1月前半までに実施する
入試による入学者
また、本学の奨学金を受給することにより入学手続時の学費が減免される場合もあります。
支給条件等は奨学金制度欄をご覧ください。
2023年度入学生 学費等納付金
入学金 ※1授業料教育充実費諸費 ※2
入学手続時
100,000円
485,000円
140,000円
1年次一期
6,000円
二期
485,000円
140,000円
2年次一期
485,000円
140,000円
二期
485,000円
140,000円
10,000円
※1 1月前半までに実施するすべての入試による入学者は、入学者入学金が免除されます。
また、本学の奨学金を受給することにより入学手続時の学費が減免される場合もありますので、 支給条件など、奨学金制度欄をご覧ください。
※2 諸費は、同窓会費(1万円)と学友会費(2年間で6千円)です。
学費等納付金は一期「4月1日」と二期「10月1日」の分納となります。 (但し、1年次一期分は第二次入学手続時に納付)

奨学金

本学独自の奨学金は在留資格が家族滞在等の方もすべて対象です。
外国人留学生入試で入学される方は、別途奨学金があります。(他の学内奨学金との併給はできません)

特別給付奨学金制度(A)(B)(C)

成績優秀者対象の奨学金(学費減免・給付)
対象者には年間80万円(A)/40万円(B)/20万円(C)の学費減免

コロナ禍における経済支援のひとつとして、2022年度より特別給付奨学金(C)を新設しました。

返還不要 人数制限なし 最長4年(短大2年間)適用可能 国の修学支援新制度と併用可能

特別給付奨学金A

特別給付奨学金B

特別給付奨学金C

受給資格

特別給付奨学金受給資格
ABC
減免額(年額)80万円40万円20万円
入試成績●一般選抜
●大学入学共通テスト利用入試
総合得点取得率 80%以上
●一般選抜
●大学入学共通テスト利用入試
総合得点取得率 70%以上
●公募制学校推薦型選抜
総合得点取得率 70%以上
●一般選抜
総合得点取得率 60%以上
特別給付奨学金受給資格試験得点取得率 80%以上
得点取得率 70%以上得点取得率 60%以上
英語資格等●実用英語技能検定1級合格または1級一次試験合格
●TOEIC L&R 910点以上
●GTEC(4技能)1350点以上
●IELTS 7.0以上
●TOEFL iBT 95点以上
●実用英語技能検定 準1級合格
●TOEIC L&R 675点以上
●GTEC(4技能) 1090点以上
●IELTS 5.0以上
●TOEFL iBT 58点以上
●実用英語技能検定 2級合格または2級一次試験合格
*英語資格は入試出願時より遡って2か年以内に受験した英語資格試験等が対象

・受給継続は在学中の学業成績等により審査します。
・国の修学支援新制度と併給可
・(B)(C)は自宅通学圏外奨学金と併給可
・(A)は学内奨学金と併給不可
特別給付奨学金受給資格試験について
一般選抜・大学入学共通テスト利用入試を受けなかった方は、別途「特別給付奨学金受給資格試験」(英語80分〈長文読解・語法・作文〉100点満点・検定料無料)を受験することが可能です。その成績によって特別給付奨学金の受給資格を得ることができます。
大学・短大かかわらず、当該年度の一般選抜・大学入学共通テスト利用入試を受験した方は、「特別給付奨学金受給資格試験」を受験することはできません。

 年内実施の入試に合格をして、第一次入学手続きを完了された方
  実施日:一般選抜と同日
  一般選抜前期日程「必須英語」と同じ問題、同日、同時間実施
  英語80分〈長文読解・語法・作文〉100点満点・検定料無料

 1月以降実施の面接型入試または英語資格型入試で合格をして、第一次入学手続きを完了された方
  実施日:2023年3月23日(木)
  英語80分〈長文読解・語法・作文〉100点満点・検定料無料
2022年度 特別給付奨学金受給資格を得た方の人数
大学短期大学
ABCABC
公募制学校推薦型選抜
6
2
一般選抜(前期)
2
1
2
0
1
0
一般選抜(後期)
0
0
0
0
0
0
大学入学共通テスト利用入試(前期)
0
0
0
0
大学入学共通テスト利用入試(後期)
0
1
0
0
特別給付奨学金受給資格試験(1月実施)
0
0
1
1
2
0
特別給付奨学金受給資格試験(3月実施)
1
0
0
0
0
0
英検・TOEICなど資格取得者
0
3
11
0
1
7

自宅通学圏外学生支援奨学金


年額24万円減免

  • 遠方のため自宅を離れて通学せざるを得ない学生を支援します。
  • 採用人数に制限はありません。
受験前に支給対象の可否を確認できます
予約奨学生に準じた制度として予定を立てることができます。出願前に支給対象の可否についてお答えしますので、お問い合わせください。

年収基準等の条件
経済的支援施策として行われている国の基準に準拠します。 家庭の主たる生計維持者の年収(※)が、次の方が対象となります。

給与所得者の場合
841万円以下
給与所得者以外の場合
355万円以下

※所得証明書等により確認するため、通常、申請時前年度の年収になります。
※ご家庭の総収入ではありません。ご家庭で最も所得が多い方お一人の年収がこの基準内であれば対象となります。
奨学金併給一覧
〇:併給可能特別給付奨学金(A)特別給付奨学金(B)特別給付奨学金(C)自宅通学圏外学生支援奨学金国の修学支援新制度
特別給付奨学金(A)


特別給付奨学金(B)
特別給付奨学金(C)
自宅通学圏外学生支援奨学金
国の修学支援新制度

姉妹等同時在学学費減免奨学金

本学(大学、短期大学または大学院)に姉妹等で同時に2名以上が在学する学期ごとに、1名に対する学費減免奨学金です。学期ごとに7万円、年額14万円減免。

学修奨励学費減免奨学金(大学)〈2022年度〉

3・4年次生の成績優秀者を対象にした学費減免奨学金です。
※自宅通学圏外学生支援奨学金等との併給は可能ですが、特別給付奨学金は支給対象外となります。
3年次【計10名】
2年次の成績優秀者上位2名に3年次の学費を減免
年額50万円
2年次の成績優秀者上記上位2名に続く2名に3年次の学費を減免
年額25万円
2年次の成績優秀者上記上位4名に続く6名に3年次の学費を減免
年額10万円
4年次【計10名】
2・3年次の成績優秀者上位2名に4年次の学費を減免
年額50万円
2・3年次の成績優秀者上記上位2名に続く2名に4年次の学費を減免
年額25万円
2・3年次の成績優秀者上記上位4名に続く6名に4年次の学費を減免
年額10万円

その他

修学の熱意がありながら学資の援助を必要とする学生の学費を減免します。
奨学金名減免額
大阪女学院大学奨学金・大阪女学院短期大学奨学金
年額45万円

大学院

学費

2023年度入学生 入学手続に必要な納付金

博士前期課程M(修士課程)
入学金授業料合計
200,000円
375,000円
575,000円
博士後期課程D(博士課程)
入学金授業料合計
200,000円
375,000円
575,000円

2023年度入学生 学費等納付金

博士前期課程M(修士課程)
入学金授業料
1年次前期
200,000円
375,000円
後期
375,000円
2年次前期
375,000円
後期
375,000円
博士後期課程D(博士課程)
入学金授業料
1年次前期
200,000円
375,000円
後期
375,000円
2年次前期
375,000円
後期
375,000円
3年次前期
375,000円
後期
375,000円

奨学金

インターンシップ、フィールドワーク支援奨学金

 給付
インターンシップ、フィールドワークの費用の半額程度を支援
博士前期課程、博士後期課程とも、往復旅費、滞在費、海外医療保険費用の総額の1/2の範囲内で学生一人あたり20万円を上限とする支給奨学金を用意しています。

博士後期課程(D)  社会人学生学費減免奨学金制度

 給付
対象:博士後期課程(D)3年次に在学する博士後期課程(D)
入学時の年齢が満30歳以上の社会人学生の内、収入が一定以下で経済的援助が必要な方
学費減免額:3年次の学費について375,000円を減免

日本学生支援機構奨学金

 貸付 
第一種 無利子貸与
  • 修士・博士前期課程 月額50,000円/88,000円から選択
  • 博士後期課程 月額80,000円/122,000円から選択
第二種 有利子貸与
  • 全課程 月額5万・8万円・10万円・13万・15万から選択