大阪女学院大学 3つのポリシー・入学者選抜の基本方針

ミッションステートメント

「本学は、キリスト教に基づく教育共同体である。その目指すところは、 真理を探究し、自己と他者の尊厳に目覚め、 確かな知識と豊かな感受性に裏付けられた洞察力を備え、 社会に積極的に関わる人間の形成にある。」

ディプロマポリシー (学位授与方針)

「深く専門の学芸を教授研究し、職業又は実際生活に必要な能力を育成すること(学校教育法第108条第1項)」を基本方針として構築された教育課程において所定の単位を修めた学生は、卒業を認定されます。卒業までに身につけるべきこととして、以下に挙げることが求められます。

  1. キリスト教教育に基づく教育共同体の一員として、人格的存在としての自己を形成し、高い人権意識を持ち、他者理解に基づくコミュニケーションができること
  2. 国際社会や地域社会に関わる諸問題を英語及び日本語で学習することにより社会に積極的に関わる意欲を持つこと
  3. 国際社会や地域社会に関わるテーマに取り組むことにより、知識、理解力、外国語運用力、汎用的技能を獲得すること
  4. 種々の情報媒体を利用して情報収集、分析、発表ができること
  5. 日本語・英語の両言語において論理的な文章の記述や口頭発表能力を有すること
  6. 将来の進路に関わる専門知識及び技能を獲得すること
  7. 社会参画の場において、積極的に「対話」を進めることが出来る日本語・英語によるコミュニケーシヨン能力を獲得すること
  8. フィールドワーク、課外プログラム、クラブ・サークル活動、ボランティア活動等を通して、異文化や価値観の相違に気づき、共に学び、共に生きる意欲を持つこと

カリキュラムポリシー (教育課程編成方針)

英語教育、教養教育、専門教育の有機的な統合・発展を図り、国際社会や地域社会に関わる諸課題についての広く確かな知識を得るとともに、思考力、判断力、行動力を培うことのできるカリキュラム(教育課程)を編成しています。
経済を始め社会の様々な分野におけるグローバル化の一層の進展が今後とも予測されます。
このことへの対応を始め、少子高齢化など独自の課題を抱えるわが国において、また、急速な発展、変化が予想されるアジアをはじめ、世界の様々な場所において、一人ひとりの学生が個性を発揮し、社会貢献ができるように「社会人基礎力」を育成します。そのため演習科目を多く配置し、学生の授業への積極的参画と発信を通して、問題発見・解決能力を養います。すなわち「知識理解に加え、何ができるようになるか」に教育の力点を置いたカリキュラム(教育課程)です。
カリキュラム(教育課程)は、「共通英語教育」「共通教育」「専門教育」の三領域から構成しています。また、ベンチマークシステムを導入し、各学科目について、難易度、履修要件に対応した4桁のナンバーを付し、学年の枠にとらわれず、個々の学生の習熟度に応じた科目履修を可能としています。さらに、アカデミックアドバイザーを配置し、科目選択の際に 適切なアドバイスを得ることができるよう支援体制を整えています。
教室外での学習も多彩なプログラムを用意しています。各種のフィールドワーク、セメスタ留学、通年留学(Women’s Global Leadership専攻のみ)、自己形成プログラム、ボランティア活動等を通して、異文化や価値観の相違に気づき、共に学び、共に生きる意識を共有することができます。

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

大学は、さまざまな知に触れて、複眼的な物事の観方や考え方の柔軟性を身につけながら、いかに生きるかを問い、社会がどのように変化しても、自立して生き抜く基盤を造る場です。大阪女学院大学は、このこととともに、4年間を通じて培う高度な英語運用力と専門領域(コミュニケーション・国際協力・ビジネス)についての知見を活用して、「21世紀の国際社会や地域社会が抱えるさまざまな課題の解決に積極的にコミットするリーダーシップを備え、多くの人々と協働する人を社会に送り出すこと」をその使命としています。

求める学生像

  1. 本学の理念に共感し、豊かな知的好奇心と学習意欲のある女性
  2. コミュニケーション能力を高め、異なる考え方や文化を尊重する女性
  3. 高度な英語運用力と論理的思考力を身につけ、国際社会や地域社会が抱える課題に取り組む意欲のある女性

高等学校等で身につけておいていただきたいこと

  1. 英語、国語、社会、理科等の基礎的学力
  2. 自分自身の可能性を信じて学び続けようとする姿勢
  3. 自己も他者も大切にしようとする心

入学者選抜の基本方針

本学ではアドミッション・ポリシーにしたがって学生を受け入れるために、次の入学者選抜を実施します。

一般入試

基礎学力の上にさらに努力して学習に取り組み、高等学校での学習を通して求められる一定の学力を有する方を迎えることを目的に英語運用能力や言語に対する関心の程度を基本として選抜する入試です。学力試験として英語【長文読解・語法・作文】1科目あるいは一定程度(TOEIC 500点以上程度)の英語運用力を証明する資格試験取得、または英語【長文読解・語法・作文】と国語【現代文問題】の2科目のいずれかの方式を選択する方法で実施します。

センター試験利用入試

大学入試センター試験の利用により、多面的で総合的な学力と英語運用能力を基本として選抜する入試です。そのため、外国語[英語](リスニングを含む)を必須とし、個別入試では実施できていない科目も評価の対象としています。外国語[英語](リスニングを含む)については、大学入試センター試験の配点250点を500点に換算します。 なお、本学個別の試験は実施しません。

指定校推薦入試

高等学校在学中に優秀な成績を修めたとして高等学校長が推薦する方で、自分自身の可能性を信じて学び続けようとする姿勢を持った方を受け入れるために実施します。また、キリスト教を教育の基盤としている高等学校からは、上記に加えてキリスト教学校教育の特色を理解する方を積極的に受け入れることを目的としています。高等学校長の推薦を最大限に尊重しますが、面接試験と調査書により総合的に評価します。

AO入試

本学の教育理念、教育内容に共感し、自身の飛躍的成長を期する方のために設定した入試です。そのために本学での学習領域に係る体験的学習などのアクティブラーニング的内容を取り入れたプログラムを展開し、その取組を通して本学での学習の動機づけが明確になることを期待しています。本学で学ぼうと志す意欲と本学教員の指導の下に取り組んだ考察及び体験学習により得た気づきを面接試験で確認し、調査書を加えて総合的に評価します。

公募推薦入試

高等学校までの学習の成果によって、本学での学びの基礎となる学力を備えた方で、自分を活かし切り、伸び伸びと充実した高校生活を送っている方を迎えるために設定した入試です。高等学校における基礎学力について、英語【長文読解・語法・作文】の基礎学力テストあるいはTOEIC 500点以上程度の英語運用力を証明する資格試験取得により評価します。

留学経験者推薦入試

高等学校在学中、1年間(School Year)以上、海外留学体験のある方を対象に、本学の教育理念、教育内容に共感し、異文化体験と留学時の教育によって培われた知識・英語運用力を活かしたい方を迎えることをねらいとして実施します。 日本語及び英語で行う面接試験と調査書等提出された書類により総合的に評価します。

専門学科・総合学科等推薦入試

専門学科・総合学科等での学習の成果をより生かすため、教養及び専門の学士課程教育と英語教育を統合して学ぶ本学での学習を希望する方を迎えることをねらいとして実施します。面接試験と調査書等提出された書類により総合的に評価します。

自己推薦入試

高等学校での学習や部活動に熱心に取り組んだ方、または、語学力の習得やボランティア活動に熱心に取り組んだ方で、それらの経験を基盤に本学で英語をはじめとする学習に熱意をもって取り組みたいと望んでいる方を迎えることをねらいとして実施します。 面接試験と調査書等提出された書類により総合的に評価します。

ウヰルミナファミリー推薦入試

大阪女学院の建学の理念や教育活動を深く理解し共感する本学院設置の学校の卒業生あるいは在学生のファミリーを積極的に迎えることを目的としています。 面接試験と調査書等提出された書類により総合的に評価します。

中国等帰国生徒・外国人生徒特別入試

本学は、学生相互の学習環境を豊かにするため、国や地域、多様な文化的背景を持ち合わせた方を積極的に受け入れています。この特別入試は、中国等から帰国した方または外国にルーツのある方で、原則として小学校第4学年以上の学年に編入した方を対象に実施する入試です。 日本語による面接試験と調査書等提出された書類により総合的に評価します。

帰国生入試

海外での学校生活を通して多様な体験をした方を対象に、本学の教育理念、教育内容に共感し、異文化体験によって培われた知識・英語運用力を活かしたい方を迎えることをねらいとして実施します。 日本語と英語で行う面接試験及び日本語の作文並びに推薦書、成績証明書等提出された書類により総合的に評価します。

学内選抜入試

学院の建学の理念を共有する大阪女学院高等学校から、本学の教育理念、教育内容に共感し、本学で英語をはじめとする学習に熱意をもって取り組みたいと望む方を積極的に迎える入試です。高等学校長の推薦を最大限に尊重しますが、面接試験と調査書により総合的に評価します。

後期AO入試(Academic Interview入試)

高等学校での学習を通して求められる基礎学力の上にさらに努力して学習に取り組んだ方で、本学が実施する本学の教育理念と教育課程を説明するレクチャーを受けたうえで、本学の教育理念、教育内容に共感し、本学への入学を志す方を対象に実施する入試です。 面接試験と調査書により総合的に評価します。

Learning Start-Up(後期指定校)入試

しっかりした学習意識と意欲を持ち、4月から大学での知的探究を始めたいと願っている方をお迎えする指定校推薦入試です。高等学校での真摯な学習を通して培われた高い学習意識と意欲を本学で学ぶことによってさらに発展・深化させることを願って実施します。 高等学校長の推薦を最大限に尊重しますが、面接試験と調査書により総合的に評価します。

社会人入試(A)

入学時の年齢が満23歳以上の社会人で、明確な学習意欲をもち、学ぶ姿勢が他の学生に対して模範となる方を迎えることを願って実施する入試です。 英語【長文読解・語法・作文】の学力試験及び面接試験並びに提出された書類(志望理由書)により総合的に評価します。

社会人入試(B)

入学時の年齢が満45歳以上の社会人で、明確な学習意欲をもち、学ぶ姿勢が他の学生に対して模範となる方を迎えることを願って実施する入試です。 日本語の小論文及び面接試験並びに提出された書類(志望理由書)により総合的に評価します。

外国人留学生入試

定められた教育を外国で受けて、本学の授業を理解できるだけの日本語能力と英語運用力を有する外国籍の方を対象としています。英語【長文読解・語法・作文】学力試験及び日本語による面接並びに提出された書類を審査し総合的に評価します。

3年次編入学試験

本学の教育理念、教育内容に共感し、編入学後、熱意をもって学習に取り組むことを志す、短期大学や高等専門学校を卒業するなどの文部科学省が定める大学3年次編入学資格を満たし、かつ本学の3・4年次の教育課程の関係から一定以上の英語運用力を有する方を対象とした入試です。 英語の筆記試験(作文)、英語による口頭試問、日本語による面接試験と提出された書類を審査し総合的に評価します。

3年次編入学試験(学内)

本学の教育理念、教育内容に共感し、編入学後、熱意をもって学習に取り組むことを志す、大阪女学院短期大学の卒業者で、本学の3・4年次の教育課程の関係から一定以上の英語運用力を有する方を対象とした3年次編入学試験です。 提出された書類と日本語による面接試験で総合的に評価します。

社会人3年次編入学試験(A)

短期大学や高等専門学校を卒業するなどの文部科学省が定める大学3年次編入学資格を満たし、かつ本学の3・4年次の教育課程の関係から一定以上の英語運用力を有する入学時の年齢が満25歳以上の社会人で、明確な学習意欲をもち、学ぶ姿勢が他の学生に対して模範となる方を迎えることを願って実施する入試です。 日本語による面接試験と提出された書類を審査し総合的に評価します。

社会人3年次編入学試験(B)

短期大学や高等専門学校を卒業するなどの文部科学省が定める大学3年次編入学資格を満たし、かつ本学の3・4年次の教育課程の関係から一定以上の英語運用力を有する入学時の年齢が満45歳以上の社会人で、明確な学習意欲をもち、学ぶ姿勢が他の学生に対して模範となる方を迎えることを願って実施する入試です。 日本語による面接試験と提出された書類を審査し総合的に評価します。

外国人留学生3年次編入学試験

本学の教育理念、教育内容に共感し、編入学後、熱意をもって学習に取り組むことを志す、高等学校に相当する教育課程を外国で修め、文部科学省が定める大学3年次編入学資格を満たし、かつ高度な日本語能力と本学の3・4年次の教育課程の関係から一定以上の英語運用力を有する外国籍の方を対象としています。 日本語による面接試験と提出された書類を審査し総合的に評価します。

<大学院21世紀国際共生研究科> (博士前期課程M/博士後期課程D)

本学大学院の教育理念、教育内容に共感し、入学後、熱意をもって研究並びに学習に取り組むことを志す、文部科学省が定める大学院(博士前期課程Mまたは博士後期課程D)入学資格を満たし、かつ、学位論文の作成に至るまで全ての課程を英語を使用言語として展開する本学大学院の教育課程の関係からTOEIC700点以上程度の英語運用力を有する方を対象とした入試です。 提出された書類の書面審査と英語による面接審査により総合的に評価します。
→ 大学院アドミッションポリシー(入学生受入れ方針)はこちら